itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

薬機法

薬機法

化粧品や医薬部外品で「刺激が少ない」はどこまでいえる?

化粧品や医薬部外品で「低刺激処方」「肌に優しい」等の広告表現を見かけます。日本人は敏感肌の人が多く、低刺激訴求は有効なアプローチといえるかもしれません。しかし、低刺激をうたう場合、薬機法に注意が必要です。 化粧品や医薬部外品で「刺激が少な...
薬機法

【2021年】医薬品等適正広告基準|最重要ポイント14個を分かりやすく解説

医薬品等適正広告基準が最後に改正されたのは2017年9月です。本改正では誇大広告に関連する項目は総じて厳格化しています。一方で緩和されている部分も多く、より実務に即した内容に調整されたといえるでしょう。たとえば大きな改正点としては「○○専門」など特定の年齢性別が表示可能になった」「一定の条件を満たした場合ビフォーアフターの掲示が可能になった」「併用表現の除外規定が明確化した」などが
薬機法

健康食品で副作用の標ぼうはNG

健康食品の広告で「 副作用はありませんので、安心してお召し上がりください。」など副作用について標ぼうしているケースがあります。しかし実は健康食品では副作用について言及することは原則禁止となっています。 健康食品で副作用の標ぼうは原則不可 ...
薬機法

口コミも法規制の対象となる?法律上問題となる3つのパターンを解説

業種業態にかかわらず、実際の購入者の口コミは強力な武器となります。しかし口コミもその内容によっては法律に抵触するケースがありますから注意が必要です。「ニキビが治りました」「1日に○錠服用するだけなので面倒くさがりの私でも続けられました」など医薬品的な効果効能を果効能を標ぼう「私史上最高の商品」「もう手放せません」などの表現は効果の保証にあたるおそれがあります。
薬機法

YouTube広告は法的にアウト?セーフ??基準や違反にならないためのポイントを解説

YouTube広告で「医薬品的な効果効能(シミが消える、ニキビが治るなど)」「2.誇大な表現(たった1週間でー10キロ!、毛がボーボーになど)」を用いると薬機法違反となるおそれがあります。ただ景品表示法上は不当表示があったとしても、ただちにアウトとは限りません。景品表示法は事業者を取り締まる法律であり、広告の主体が誰にあるかで白黒の判断が異なるからです。健康増進法はその第32条2で誇大な表現を禁止しています。違反した場合
薬機法

【体系的に理解したい人向け】結局のところ薬機法では何が禁止で違反したらどうなるのか?

薬機法で禁止されている行為は大きく「1医薬品的な効果効能をうたう=未承認医薬品の広告(第68条)」「大げさな表現を使う=誇大広告(第66条)」「医薬品でないものを医薬品として売る、貯蔵する、授与する=未承認医薬品等の販売、授与(第14条1項、9項、第55条等)」です。違反した場合の罰則は、未承認医薬品の広告、誇大広告については「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰併(または併科)」未承認医薬品等の販売、授与は「3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金(または併科)」です。違反しないためのポイントは「どうとでも解釈できる=言い逃れできるような」表現を用いる
薬機法

健康食品で「冷え・冷え性」はNG!どういいかえる?

日本人の多くが悩んでいる冷え性。特に女性に多いといわれ、そのニーズは絶えることはありません。しかし健康食品で「冷え・冷え性」は基本的にNGです。いいかえ表現やポイントを紹介していきます。 冷え・冷え性は疾病にあたるので不可 薬機...
薬機法

効果をうたえる明らか食品とは?定義や判断基準、注意点をわかりやすく解説

明らか食品とは外観・形状などから食品であることが容易に判断できる食品(=明らかに食品であるもの)です。ただし明らか食品であれば何をうたってもいいというわけではないので注意する必要があります。たとえば「病名」をうたうことができません。また「特定用途向け」であることも訴求不可です。さらに薬機法上は問題がなくても、過剰表現を用いたるすると景品表示法や健康増進法で問題となるおそれがあります。
薬機法

化粧品や医薬部外品でニキビはどこまでいえる?

ニキビは肌トラブルの代表格です。思春期の若者からストレス多難の大人までを悩ませる厄介なニキビですから、ニーズは高いでしょう。しかし化粧品でニキビ対策をうたう場合、薬機法による規制に留意が必要です。化粧品でニキビはどこまでいえるのでしょうか。...
薬機法

「育毛シャンプー」は薬機法で認められる?→NO!理由を解説

いつの時代も薄毛ケアのニーズは絶えません。育毛・発毛アイテムにはいろいろなものがあります。なかでもよく広告されているのが、値段も手ごろでとっつきやすい「育毛シャンプー」です。しかし実は育毛シャンプーは薬機法上認められません。 シャンプ...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました