itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

薬機法

薬機法

健康食品や化粧品で「大学との共同研究」は可能?

薬機法では世間に与える影響が大きい医師や理美容師、病院などの推薦表現を制限しています。「医薬品等広告に係る適正な監視指導について(Q&A)」でも「大学との共同研究」との記載は認められないと明記されており、化粧品や医薬部外品について、「大学との共同研究」は不可です。「〇〇研究所」「専門機関」も認められないと考えるべきでしょう。ただし、
薬機法

健康食品や雑貨、医薬部外品、化粧品で比較広告はどこまで可能?注意点を解説

比較広告をする場合、薬機法と景品表示法の規制に従う必要があります。雑品や健康食品、医薬部外品は「比較広告ガイドライン」の定める比較広告の3要素を満たせば可能です。一方化粧品については他社製品との比較が禁止されているので認められません。ただし化粧品でも自社製品との比較広告であれば認められます。この場合、1、対象製品の名称を明示する2、説明不足にならないようにすることが必要となります。
薬機法

化粧品や医薬部外品広告でビフォーアフターはどこまで認められる?

医薬品等適正広告基準が改正され、現在はビフォーアフターの掲示は可能です。ただし1.効能効果を逸脱するもの2.発現時間、効果持続時間の保証3.安全性の保証表現にあたるものは認められません。認められるのは、「効能の範囲内の表現メーキャップ効果などの物理的効果」「メーキャップ効果の説明「化粧例や仕上がり感」などです。予防効果の標ぼうは認められません。
薬機法

化粧品で「満足度〇〇%」はNG!アンケート結果を示す際の注意点

薬機法では化粧品広告における「満足度〇〇%」などの表示は不可とされています。認められるのは使用方法、使用感、香りの嗜好性等に関するもののみです。特に「顧客満足度No.1」「お客様満足度○○部門No.1」などの「No.1表示」は景品表示法の規制もあり、調査方法などにおいて一定の要件を満たす必要があります。場合によっては不当表示(優良誤認・有利誤認)とみなされるので注意が必要です。
薬機法

化粧品や医薬部外品で「刺激が少ない」はどこまでいえる?

医薬品等適正広告基準では「刺激が少ない」を安全性を保証する表現として例示しており、「低刺激」は薬機法上認められません。ただし、1)低刺激であることが科学的に立証されている、2)安全性を強調も保証もしていないの2点を満たした場合は可能です。強調にあたるのとみなされるのは1)キャッチフレーズに使う、2)目立つところに表示、3メインに訴求です。つまり「刺激が少ないので小さなお子様にもご利用いただけます。」「刺激が少ないので安全」「本品は添加物の○○を含んでいません」は可能です。
薬機法

【2021年】医薬品等適正広告基準|最重要ポイント14個を分かりやすく解説

医薬品等適正広告基準が最後に改正されたのは2017年9月です。本改正では誇大広告に関連する項目は総じて厳格化しています。一方で緩和されている部分も多く、より実務に即した内容に調整されたといえるでしょう。たとえば大きな改正点としては「○○専門」など特定の年齢性別が表示可能になった」「一定の条件を満たした場合ビフォーアフターの掲示が可能になった」「併用表現の除外規定が明確化した」などが
景品表示法

法的にセーフ?「夫医師”え?シミならアレで一瞬だよ?”」系の広告

YouTube広告や記事下広告などの「アレで一瞬だよ?」系の広告は薬機法や景品表示法上に抵触するリスクがあります。薬機法上の禁止表現を直接述べていなくても、医薬品的な効果効能を連想させる表現は不可となります。たとえば「便通改善」を「トイレに行ったらドッサリ」としても便秘解消を想起させるため、認められません。誇大表現にあたるものもNGです。「たった一週間でー20キロ」などは景品表示法違反となります。
薬機法

健康食品で副作用の標ぼうはNG

健康食品の広告で「 副作用はありませんので、安心してお召し上がりください。」など副作用について標ぼうしているケースがあります。しかし実は健康食品では副作用について言及することは原則禁止となっています。 健康食品で副作用の標ぼうは原則不可 ...
薬機法

口コミも法規制の対象となる?法律上問題となる3つのパターンを解説

業種業態にかかわらず、実際の購入者の口コミは強力な武器となります。しかし口コミもその内容によっては法律に抵触するケースがありますから注意が必要です。「ニキビが治りました」「1日に○錠服用するだけなので面倒くさがりの私でも続けられました」など医薬品的な効果効能を果効能を標ぼう「私史上最高の商品」「もう手放せません」などの表現は効果の保証にあたるおそれがあります。
薬機法

YouTube広告は法的にアウト?セーフ??基準や違反にならないためのポイントを解説

YouTube広告で「医薬品的な効果効能(シミが消える、ニキビが治るなど)」「2.誇大な表現(たった1週間でー10キロ!、毛がボーボーになど)」を用いると薬機法違反となるおそれがあります。ただ景品表示法上は不当表示があったとしても、ただちにアウトとは限りません。景品表示法は事業者を取り締まる法律であり、広告の主体が誰にあるかで白黒の判断が異なるからです。健康増進法はその第32条2で誇大な表現を禁止しています。違反した場合
タイトルとURLをコピーしました