薬機法

薬機法

化粧品や医薬部外品で「最高」はNG!最大級表現のいい替えのコツ

薬機法では化粧品や医薬部外品に関して、「最大級の表現又はこれに類する表現」を禁止しています。「ありえないほど」「弊社の最高傑作」など程度により優位性を示す表現、「一位」「日本一」などの「No.1表示」も最大級の表現にあたるので認められません。可能なのは、「大人気の商品です」「高い支持をいただいている」「注文が殺到している」などの人気があることの表現
薬機法

clubhouseは薬機法の対象になる?注意すべき人や発言を紹介

今非常に人気の音声SNS、clubhouse。clubhouseではいろんな会話が取り交わされます。化粧品や健康食品の効果などについて、話題になることもあるかもしれません。そこで気になるのが、薬機法や景品表示法の規制は及ばないのかです。cl...
薬機法

化粧品や医薬部外品で「敏感肌専用」はいえる?

「敏感肌専用」等の表現は、原則として認められません。「男性が使うとより効果的」「女性が使わなくてはなりません」など性差を特定した表現も不可となります。「○専用」が禁止なのは「効能効果又は安全性など事実に反する認識を得させるおそれがあるため」です。ですから特定部位にしか使用しないことが明白な化粧品などの場合は、事実に反する認識を与えるおそれがないため「○○専用」の表現も認められます。
薬機法

化粧品で「小顔印象へ」はいえる?

化粧品広告で「小顔印象」といった表現をよく見かけますが、薬機法上認められません。ただし化粧によるメーキャップ効果などによる「外観」の「物理的変化」であれば瘦身効果の標ぼうも可能です。その場合も「1、メーキャップ効果等の物理的効果であることが明確に示されていること」「2、真実であること」が必要です。
薬機法

化粧品や医薬部外品で「強い効果」「強力な効き目」はNG!その理由とは

薬機法では化粧品や医薬部外品の効能効果についての「強力」「強い」といった表現を禁止しています。また「パワフル」「強靭」「非常に」など効能について保証するような表現は原則不可となっています。注意しなければならないのが、化粧品で標ぼうできる効果の範囲内であっても強調表示は認められないことです。たとえば「肌汚れまで根こそぎオフ」は化粧品効能「17(汚れをおとすことにより)皮膚を清浄にする。」が該当うぃます。しかし「根こそぎ」が強調表現にあたりアウトとなるのです。
薬機法

保護中: 健康食品や化粧品で「大学との共同研究」は可能?

薬機法では世間に与える影響が大きい医師や理美容師、病院などの推薦表現を制限しています。「医薬品等広告に係る適正な監視指導について(Q&A)」でも「大学との共同研究」との記載は認められないと明記されており、化粧品や医薬部外品について、「大学との共同研究」は不可です。「〇〇研究所」「専門機関」も認められないと考えるべきでしょう。ただし、
薬機法

保護中: 「コンプレックス広告」は法律上OK?NG?薬機法有資格者が解説!

外見上の特徴を貶める「コンプレックス広告」は近年非常に問題視されています。しかし段階ではコンプレックス広告は違法とまではいえず。取り締まることもできません。ただし、LINEやGoogle、Yahoo!では広告ガイドラインのなかでコンプレックス広告は認めないと明記しています。また今後違法となる可能性も十分に考えられます。コンプレックス広告はしないようにしましょう。
薬機法

健康食品や雑貨、医薬部外品、化粧品で比較広告はどこまで可能?注意点を解説

比較広告をする場合、薬機法と景品表示法の規制に従う必要があります。雑品や健康食品、医薬部外品は「比較広告ガイドライン」の定める比較広告の3要素を満たせば可能です。一方化粧品については他社製品との比較が禁止されているので認められません。ただし化粧品でも自社製品との比較広告であれば認められます。この場合、1、対象製品の名称を明示する2、説明不足にならないようにすることが必要となります。
薬機法

化粧品で「アレルギーテスト済」等をPRしたい場合の注意点

敏感肌の人が多いといわれる日本では「アレルギーテスト済」「刺激性テスト済」はPRポイントになります。ですがこれら安全性の表現については医薬品等適正広告基準や化粧品等の適正広告ガイドラインで細かく規制されています。本稿では 薬事法管...
薬機法

保護中: 化粧品や医薬部外品広告でビフォーアフターはどこまで認められる?

医薬品等適正広告基準が改正され、現在はビフォーアフターの掲示は可能です。ただし1.効能効果を逸脱するもの2.発現時間、効果持続時間の保証3.安全性の保証表現にあたるものは認められません。認められるのは、「効能の範囲内の表現メーキャップ効果などの物理的効果」「メーキャップ効果の説明「化粧例や仕上がり感」などです。予防効果の標ぼうは認められません。
タイトルとURLをコピーしました