育毛剤

近未来の発毛を担う「バルジ領域」|その働きと3つ復活方法を解説

「バルジ領域」をご存じでしょうか。バルジ領域は、毛母細胞に指令を出し毛の発育を促すなど、発毛に多大な影響を与えるといわれる表皮近くの幹細胞です。 通常バルジ領域の機能は加齢などで低下してきますが、近年の研究でバルジ領域を簡単に復活(活...
薄毛ケア

薄毛・脱毛が肥満によって促進されるメカニズムが判明

東京医科歯科大学は、高脂肪食による肥満が脱毛を促進する仕組みを突き止めました。これまで肥満が薄毛や脱毛と関係していることは分かっていましたが、どのようなメカニズムで肥満が薄毛。脱毛を引き起こすのかは分かっていませんでした。しかし今回の研究で肥満によって炎症性サイトカインシグナルが幹細胞内に発生し、Shh経路が抑制された結果毛包幹細胞が表皮または脂腺への分化によって失われ、毛包のミニチュア化、毛の細径化が促進されることが判明しました。
メンズ美容

ついに判明!テストステロンの分泌量を7倍にする3つの習慣とは?

テストステロンは筋肉や骨の形成、脂肪の減少、性的魅力の増大など男性にとって重要な役割を担う男性ホルモンです。テストステロンの分泌量は加齢とともに減少していきますが、日々の生活のなかで高めることもできます。たとえばタンパク質や亜鉛、コレステロールはテストステロンの生産に欠かせない栄養素です。また筋トレや睡眠、日光浴もテストステロンの生成に大切です。そのほか、コミュニケーションをとる、チャレンジするといった社会的行動でもテストステロン値が上がることが立証されています。
健康

酵素のキホン|酵母や発酵との違いもあわせてどこよりも分かりやすく解説

コロナ禍で健康志向が高まりを見せる昨今、健康食品が再び注目を集めています。売り上げを伸ばしている食品のひとつが、「酵素」を使ったものです。 一昔前にブームとなったこともあり、「酵素」の言葉そのものを知らない方は少数派でしょう。酵素につ...
景品表示法

マクロフューチャー株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令

2021年3月9日消費者庁はマクロフューチャー株式会社に対し、同社が供給する「マクロ元気」と称する食品及び「マクロ元気乳酸菌1250億プラス」と称する食品に係る表示について、景品表示法違反(優良誤認表示)で措置命令を発出しました。 ...
景品表示法

誇大広告放置で注意喚起

消費者庁は2021年3月1日、Libeiroとシズカニューヨークのアフィリエイト広告に対して、虚偽・誇大な表示を確認したとして、消費者に注意喚起をおこないました。 企業情報 社名:Libeiro 設立:2016年5月 所在地...
ポートフォリオ

モテないのは薄毛せいではない!でも「もういちどそよ風のなか堂々と女子とデートしたい」

「薄毛だと女性にもてない」との理由から育毛剤の購入に至るケースが少なくありません。 しかしここではあえて「薄毛でもモテる」としました。そうすることにより「薄毛でももモテるなら、毛があればもっとモテるだろう」と無意識に考え、...
景品表示法

株式会社T.SコーポレーションBUBUKA ZERO優良誤認で措置命令

消費者庁は2021年3月3日、T.Sコーポレーション(東京都港区)が供給する「BUBKA ZERO」と称する育毛剤及びセット商品にかかる表示が、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして措置命令を下しました。 違反行為者の概要 名 称 株...
薬機法

化粧品や医薬部外品で「最高」はNG!最大級表現のいい替えのコツ

薬機法では化粧品や医薬部外品に関して、「最大級の表現又はこれに類する表現」を禁止しています。「ありえないほど」「弊社の最高傑作」など程度により優位性を示す表現、「一位」「日本一」などの「No.1表示」も最大級の表現にあたるので認められません。可能なのは、「大人気の商品です」「高い支持をいただいている」「注文が殺到している」などの人気があることの表現
薬機法

clubhouseは薬機法の対象になる?注意すべき人や発言を紹介

今非常に人気の音声SNS、clubhouse。clubhouseではいろんな会話が取り交わされます。化粧品や健康食品の効果などについて、話題になることもあるかもしれません。そこで気になるのが、薬機法や景品表示法の規制は及ばないのかです。cl...
タイトルとURLをコピーしました