... Read More | Share it now!

... Read More | Share it now!

itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">
薬機法

化粧品でたるみやほうれい線はどこまでいえる?

老け見え原因の代表格、「たるみ」や「ほうれい線」。 メンズの美意識も高まっている今日、たるみやほうれい線ケアは女性だけでなく男性の関心も集められるテーマといえるでしょう。非常にニーズの高いたるみやほうれい線ケアですが、化粧品で訴求する...
薬機法

化粧品広告の「メーキャップ効果」はどこまでいえる?ポイントを解説

化粧品広告では通知によって定められた56の効能以外に、「メーキャップ効果」の表現も認められています。化粧品広告会社【2020年版】によるとメーキャップ効果とは「色彩により、覆う、隠す、見えにくくする等の物理的効果」です。メーキャップ化粧品において表現できる範囲は「色彩効果」と「物理的効果」です。
薬機法

健康食品で「デトックス」は不可!どういいかえる?

にわかにブームとなっている「デトックス」。代謝活性化や美肌効果があるとされ、セミナーや書籍なども人気を博しています。当然健康食品でもデトックスブームにあやかりたくなるでしょう。しかし、そもそも健康食品でデトックスや毒素を標榜することはできる...
薬機法

健康食品で疲労回復(回復)はうたえる?

テレビや雑誌では「疲れをためないコツ」「リラックス方法」など疲れに関する特集が頻繁に組まれ、書籍でも疲労回復をテーマにしたものが売上げを伸ばしているといいます。それほど多くの人が疲労回復したいと思っているわけです。となれば健康食品でも疲労回...
薬機法

健康食品で不眠症・睡眠改善はうたえる?

睡眠は生命活動の源であり、眠れないと心身にさまざまな影響を及ぼします。人々はより良い睡眠を手に入れるために低反発マットレスを買い、睡眠セミナーに参加します。高いニーズがあるからこそ、健康食品でも不眠症や睡眠改善をアピールしたいと考えるケース...
薬機法

健康食品で滋養強壮はうたえる?

コンビニや薬局に必ず置いてある品のひとつ、滋養強壮ドリンク。働く女性も増えてきている現代では男女問わず滋養強壮のニーズは高いといえるでしょう。医薬品であれば問題ありませんが、健康食品として販売する商品の場合、気をつけなければならないのが薬機...
薬機法

健康食品で性機能(精力減退・インポテンツ)はうたえる?

健康食品で性機能(精力減退・インポテンツ)はうたえません。また直接的に機能向上を標榜しなくても「男性機能の衰えを感じてきた」「インポテンツになってしまった」など機能低下した人におススメとするのも不可なので要注意です。訴求のコツとしては、「1自信・プライドなど内面に焦点をあてる」「2パートナーを満足させる・妻を喜ばせたい」など、相手にフォーカスする」「3「情熱的」「元気が出ない」などぼかした表現を用いる」などです。
薬機法

健康食品(サプリメント)で認知症はNG!どういいかえる?

認知症は特定疾患にあたり、サプリメントなどの健康食品で訴求することはできません。「知力」「認知力」「記憶力」など、何らかの力を高める可能様な表現は基本的にすべて不可です。いいかえのコツは(1)「知的な毎日」など生活の質の向上にフォーカスする(2)[~したい」「~ありたい」など、断定をさけた表現を用いることです。 です。
薬機法

健康食品で「腸」は使える?

日本人は欧米諸国と比べて腸が長いといわれています。便秘も多く「胃腸」や「腸」の不調をかかる人も少なくありません。そこでどうしても健康食品でも「腸」の表現を用いたくなります。しかし、健康食品で「腸」は使えるのでしょうか? 「腸」の訴求が薬機...
景品表示法

知らなきゃマズイことに…二重価格表示の内容や不当表示にならない5つのポイントを解説

二重価格表示は販売価格と比較対照価格を並べて表示する広告手法ですが、景品表示法のガイドラインでルールが設けられています。不当表示とみなされれば行政指導や刑事罰課徴金の対象になります。違反しないためのポイントは、1,セール開始時点からさかのぼる8週間)において、比較対照価格で販売されていた期間がその商品が販売されていた期間の半分を超える+②「比較対照価格で販売されていた期間が通算して2週間以上ある」  OR 「比較対照価格で販売された最後の日から2週間を経過していない」
タイトルとURLをコピーしました