itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

HOME

この記事は約6分で読めます。

✓法律と訴求力を両立させたい!
✓でも…違法スレスレの訴求は摘発が怖い!
✓メンズ美容と法律の両方に詳しいライターを探している

こんな風にお感じなら、Life-lighterにご相談ください。

Life-lighterはメンズ美容(育毛剤、スキンケア、メンズコスメなど)を中心に薬事コンテンツ制作代行をしています。クリエイティブとデータを活かしたライティングにより、ホワイトなのに強い表現が可能です。

薬機チェック

文章チェック・代替表現のご提案、法律解説をおこないます。弊社のなかで最もご好評いただいているサービスです。

違反箇所の添削はもちろん、法律上の問題がない箇所も状況に応じて訴求力のある表現をご提案させていただいております。

こんなシーンにおススメ✓広告出稿前にリーガルチェックを入れたい

 

✓サイトが法律違反していないか心配

薬機チェックについて詳しく

ヘルスケア法律まるわかりマニュアル

複雑でわかりづらい法律を体系立てて解説した文書を作成します。

当初はアフィリエイターの違反対策として始めたサービスでしたが、社内資料として使いたいとのご要望を多くいただき、現在は社内レファレンスとしてご利用いただけるよう最適化しております。

業務に応用していただけるよう、誰でも簡単に「法に触れずかつ強い表現」ができるようになるとっておきのテクニックを紹介しています。

  • 法に抵触する訴求の仕方、その根拠
  • 法に抵触しない表現

はもちろん

  • 法律の目的
  • 設立背景
  • 考え方

など大元の部分から解説しているため表面的な理解にとどまらず、「なぜこの表現がNGでこれがOKになるのか、例外的に認められるのはどんなケースでその根拠は何か」なども理解できます。

法規制が変わるまであらゆる業務にお役立ていただくことが可能です。

 

こんなシーンにおススメ✓ネットの情報は断片的で体系的に理解できない…

✓アフィリエイトを依頼したものの、法律チェックが大変…

✓法律に関する社内リファレンスが欲しい…

ヘルスケア法律まるわかりマニュアルについて詳しく

 

薬機ライティング

データとクリエイティブを活かした記事コンテンツを作成します。
薬機法や景品表示法、健康増進法などの法律に配慮しながらターゲットにささる文章表現が可能です。

薬機ライティングについて詳しく

 

Life-lighterの特徴

クリエイティブとデータを活かしたホワイトなアプローチ

クリエイティブの力により、ブランドイメージを毀損することなく売上を伸ばすことができます。
かつては、「不安を煽って興味を喚起する」「コンプレックスを刺激して購入させる」といった手法が効果的な時代もありました。
しかし今や、消費者は広告を見飽きてしまっています。なかでも煽り系のグレーな広告には多くの消費者がうんざりしているのが実際です。
広告が疎まれる時代にあっては、”ホワイトさ”こそが利益拡大への最短ルートといえるでしょう。
Life-lighterは、「ホワイトなアプローチ」をがプライマリーポリシーとして掲げています。

正面からの手法により、ユーザーに嫌われることもクレームになることもなく、ブランド価値を守りながら売上を伸ばすお手伝いができます。

メンズ美容特化だからこそ可能な、男性のココロを動かすライティング

男性心理に刺さる訴求を知っているので、売り上げに直結するコンテンツ作成が可能です。

いま、コンテンツマーケティングが主流となっています。ですが、現代日本人が一日に触れる情報量は「平安時代の一生分」、「江戸時代の一年分」ともいわれるほど膨大です。闇雲に情報発信したのでは、目にとめてもらうことすら難しいでしょう。ターゲットの興味関心を引き付け、さらに購入してもらうには

「ターゲットの心理」を掴み
「ターゲットの求める情報」を
「思わず反応してしまうような表現」で

発信することが大切です。

案件の8割以上をメンズ美容案件が占めるLife-lighterは「男性心理に刺さる訴求の傾向」を知っています。

だからこそ男性ユーザーを

「おっ、こういうのこういうの!こういうの探してたんだよ!」
「なんだか良さげだな、買ってみようかな…」

このような気持ちに導く訴求が可能です。

薬事法有資格者によるライティングでコンプライアンス体制も万全

「薬事法有資格者(薬事法管理者資格・コスメ薬事法管理者資格・YMAA認定ライター)」が担当するので、万全の体制でご出稿いただくことができます。

薬機法をはじめ、ヘルスケア広告を規制する法律はあいまいな部分も多く、ケースにより違法性の判断が異なります。たとえば薬機法において「この表現はセーフか?あるいはアウトか?」はいくら条文とにらめっこしても、分かりません。禁止される表現というのは厚生労働省から不定期に出される「通知」により決まるものだからです。

しかも、すべての「通知」が公開されているわけではありません。

Life-lighterでは薬事法管理者資格・コスメ薬事法管理者資格を所有する美容ライターが担当いたします。薬機法や医療法順守できるライターだけが認定される「YMAA」も取得済みです。

現行の法律に対応できるのはもちろん、常に最新の動向をフォローしているため法律に動きがあっても安心です。

  • 薬機法
  • 景品表示法
  • 健康増進法

のいわゆるヘルスケア三法だけでなく

  • 特商法(特定商取引に関する法律)
  • 著作権法
  • 不正競争防止法

等も網羅しております。

その他、あはき法といったニッチな法律まで把握しておりますので、万全のコンプライアンスでご出稿いただくことが可能です。


    薬機法や景品表示法の対策、大丈夫ですか?
    【期間限定初回3割無料キャンペーン実施中!】 「この表現はアウトなのか?いや、いけるのか…?」 不安になったらお問い合わせを! Life-lighterならホワイトでありながら強い表現ができます。
    Shunboをフォローする
    メンズ美容専門|薬機法ライターならLife-lighter
    PAGE TOP
    タイトルとURLをコピーしました