薬事コンサル

この記事は約2分で読めます。

 

世のなかには「○○コンサル」との肩書きを持つ人が五万と存在します。しかし、実績を伴っていなければ、的確なコンサルティングは難しいでしょう。

特に薬事法や景品表示法は知識だけを持っていても実務に役立てることはできません。

違法性は広告全体の印象や文脈、周囲の図やイラスト、位置関係などいろいろな要素から判断されるため、ケースによって白黒の判断が異なるからです。

もちろん、バカ正直に法律を守るだけでは、訴求力が下がってしまいます。

 

法を守りつつ、訴求力を落とさないためには「法的知見」と「実務経験」の両方が求められます。

年1000近くの薬事案件を受注するLife-lighterでは、経験に基づいた的確・実践的なコンサルティングを提供できます。

込み入った相談はもちろん

・この表現はOK?

・こんな訴求軸で考えてるんですけど

・このフレーズとこのフレーズだとどっちがいいかな?

など、薬事にまつわることなら何でもお気軽にご相談ください。

 

 

【ご相談いただける事項の例】
  • 広告表現の内容(違法性のチェック、代替案の作成)
  • 効果的な訴求軸について
  • キャッチコピー作成

 

※LINEコンサル始めました

※開発・申請のサポートや特保許可取得の手続きに関するご相談は承っておりません。

月契約/年契約から承っております。

【料金】

【コンサルティング(書面、メール、チャットワーク、Zoom、Skype、その他オンラインツール)】

¥30,000~/月

¥300,000~/年

【LINEコンサルティング(LINEのみ)】

¥1,980~/月

¥19,800~/年

契約内容によって異なります。

詳しくはお問い合わせください。

 

    ・お問い合わせの段階では成約となりません。


     

     

    タイトルとURLをコピーしました