YouTubeなどの原稿制作

この記事は約3分で読めます。

 

今、D2Cが主流になっています。

 

D2Cと抜群に相性がいいのが、ライブ動画を配信しながら広告するライブコマースです。D2Cととライブコマースの相性が良い理由は以下です。

 

  1. すでに商品に興味のある人が視聴者になるのでCVしやすい(視聴者はフォロワーのみで購買意欲の高い層に訴求できる)
  2. 視聴者と相互にコミュニケーションを取りやすく、疑問を解消しやすい(視聴者のコメントにリアルタイムで返答できる)
  3. SNSとの親和性が高い(SNSに付帯する機能で配信可能)
  4. ターゲット層が若年層~ミレニアル世代(D2Cのターゲット層も若年層~ミレニアル世代)

 

しかし、ライブコマースでもCVさせるには以下のような点に配慮しなければなりません。

 

訴求の方向性

視聴者とのコミュニケーション

説明の仕方

商品の見せ方

etc…

 

もちろん、動画でも広告に該当しますから薬機法や景品表示法、著作権法、特定商取引法といった法律への配慮も必要です。

たとえば、昨年某YouTuberが動画内で虚偽・誇大な効果をうたい、大炎上しました。こうなると、逆効果どころかもはや致命的です。

 

ブランドイメージは深く傷つき、信用を回復するのは並たいていのことではないでしょう。

また、2021年8月1日から薬機法で、誇大広告の課徴金制度がスタートします。金額は、「違反行為をおこなっていた期間の売り上げ」×4.5%です。

 

この点においても誇大広告とみなされた場合の代償は、計り知れしれません。

「好かれて売れるスクリプト作成」

 

 

ライブコマースでは通常「媒体選定→訴求軸考案→原稿制作→演者選定→撮影」の工程を踏みます。

このうち、「訴求軸考案→原稿制作」をお任せいただけます。

 

Lige-lighterでは、記事広告・LP制作で7年の実務経験がございます。そのため

 

  • 消費者が思わず「ポチッ」てしまう効果的な訴求
  • 心理的ハードルを極限まで下げる施策
  • 消費者の「コレ欲しい!」をグンと高める展開・構成

 

を把握しています。

 

また法的知見(薬機法、景品表示法、健康増進法、著作権法、特定商取引法、あはき法もございます。

 

ですので、

「景品表示法違反で処罰された」

「売れたけど課徴金でかなり持ってかれた」

といった事態に陥る心配も不要です。

 

料金

通常:動画一本分¥7,000

期間限定:動画一本分¥3,000

 

※期間限定でお安く発注いただけます。ぜひお試しください。

 

    ・お問い合わせの段階では成約となりません。


    タイトルとURLをコピーしました