実績

この記事は約7分で読めます。

このページでは事例の一部をご紹介します。

詳しい実績をご覧になりたい方は、お問い合わせ「その他」よりご連絡ください。

実績はこちらにもまとめております。

 

 

社名(敬称略) 事業内容 依頼内容
株式会社 ハウス食品 健康食品製造販売 薬事ライティング
京葉Muto Town(ケイヨウ ムトウタウン) web制作 薬事ライティング
株式会社 WOWMEDICAL 男性向け育毛剤販売 記事LP
株式会社 ピアラ 化粧品・健康食品販売 薬事チェック
株式会社 あすなろわかさ 健康食品製造販売 キャッチコピー作成/薬事チェック
株式会社 ユーピーエス 男性向け育毛剤販売 キャッチコピー作成/薬事チェック/ランディングページ
株式会社 PUPU STORE 化粧品製造販売 薬事チェック
ヘアラボ 男性向け育毛剤メディア 薬事ライティング
株式会社 visum ECメディア(化粧品・雑貨等) 薬事ライティング
ネイキッド合同会社 男性向け育毛剤販売 記事LP
株式会社 tattvaT 女性向け化粧品製造販売 記事LP/薬事ライティング
株式会社 DUO 女性向け化粧品製造販売 記事LP/薬事チェック
わかさ生活 健康食品製造販売 薬事ライティング

 

 

事例A

 

対象 育毛剤製造販売
ご依頼内容 薬機チェック
ご依頼のきっかけ 広告が審査落ちした
商材 育毛剤

 

白髪染めやシャンプーなどを販売されている事業者様です。

新商品のミノキシジル配合の育毛剤のリスティング広告を出稿したものの審査に落ちてしまったそうです。審査落ちの理由として考えられるのは広告表現の法律違反だったとのことで、表現チェックをしてほしいとのご依頼を頂きました。

 

チェックしたところ「髪が生える」「〇〇学会も認めた」など薬機法、景品表示法に違反している箇所が複数見つかりました。

添削し、代替案とともにお返ししました。その後再出稿で無事審査に通ったとのご報告をいただきました。

 

現在でもお取引させていただいております。

事例B

 

対象 化粧品製造販売
ご依頼内容 キャッチコピー作成/ライティング
ご依頼のきっかけ コンプライアンス強化
商材 ダイエットサプリ

 

1947年の創業の健康食品販売をされている事業者様です。

2019年薬機法の改正をうけ、コンプライアンス体制整備を進めるなかで、法に違反しないコピーを考えてほしいとのご依頼をいただきました。

 

データには強いもののクリエイティブが弱く困っているとのことでした。

 

「消費者をだますような広告や押し付けるキャッチコピーは絶対にしない」という企業理念が強固にあり、あくまでもクリーンなイメージの訴求をご要望でした。

 

キャッチコピーを作成し、お渡ししたところ満足いただき、現在もお取引させていただいております。

 

事例C

 

対象 化粧品製造販売会社売
ご依頼内容 記事コンテンツの薬機チェック
ご依頼のきっかけ 他社の行政処分
商材 オールインワンジェル

 

他社様が景品表示法違反で摘発されたことを受け、危機感を感じられたそうで、記事コンテンツの法律チェックをしてほしいとのことでした。

 

チェックしたところ「もう手放せません」「〇〇(匿名希望のため非公表)は〇〇を配合しています」など薬機法、景品表示法、不正競争防止法に違反している箇所が複数見つかりました。

 

添削し、代替案とともにお返ししました。大変満足いただけたようで、現在もお取引させていただいております。

 

もともと「顧客を裏切らない広告がリピートにつながる」とのお考えお持ちで、弊社にお声掛けいただく決め手になったのもホワイトな訴求を信念としていることだったそうです。

事例D

 

対象 男性向け化粧品販売
ご依頼内容 コンサルティング
ご依頼のきっかけ 社内コンプライアンス体制の強化
商材

 

育毛剤や化粧水など男性向け化粧品の販売をされている事業者様です。

 

消費者を不安にさせて購入させる「煽り手法」を使われていた時期もあったとのことですが、近年の薬事法規制強化を受け、社内でもコンプライアンス徹底の方針に舵を切られたそうです。

 

コピーライティングのみなら社内対応も可能だが、薬機法や景品表示法に関しては担当がおらず社内だけでの対応は厳しい」とのことで、薬事担当(コンサルティング)のご依頼をいただきました。

 

事例E

 

対象 健康食品製造販売
ご依頼内容 薬機チェック
ご依頼のきっかけ LP出稿前の薬機法チェック
商材 ダイエットサプリ

 

美容・ダイエットサプリを中心に健康食品販売をしておられる事業者様です。

 

お客様一人一人の笑顔のために」を基本理念に2010年に設立したものの、直後に東日本大震災に見舞われ、甚大な損失を受けてしまったそうです。

けれども社長はあきらめることなく、本当にお客様のことを考え抜いた商品を地道に販売しつづけ、2018年には年商25億を上回ったとのことでした。

 

広告規制の高まりから、リーガルチェックの必要性を感じてはいるが社内に専門の人材もおらず、具体的にどうすればいいのかわからない」とのことで、薬機チェックのご依頼をいただきました。

 

チェックさせていただいたところ「メタボ対策」「脂肪を燃やす」など薬機法、景品表示法、健康増進法に抵触する箇所が複数ありました。

 

事例F

 

対象 男性向け化粧品販売
ご依頼内容 キャッチコピー作成/薬機チェック/ライティング
ご依頼のきっかけ クリーンな表現を使うライターを探している
商材 ダイエットサプリ

 

BBクリームなど男性向け化粧品販売をされている事業者様です。

 

「特定非営利活動法人世界の子どもにワクチンを日本委員会」に売り上げの一部を募金されるなど、世のなかに貢献したいとのお考えを強く持っておられます。

 

基本方針に「お客様第一主義」を掲げられていて、「薬事法や景品表示法に詳しく、かつクリーンな表現を使うライター」を探しておられましたところ、弊社にお声がけいただきました

当初はキャッチコピー作成及び薬機チェックのご依頼でしたが、その後ライティング業務もお任せいただくようになりました。現在でもお取引させていただいております。

 

事例G

 

対象 美容健康メディア(個人)
ご依頼内容 ヘルスケア法律まるわかりマニュアル
ご依頼のきっかけ アフィリエイターの法律違反
商材 ダイエットサプリ

 

個人でアフィリエイト広告運営されている方です。

それまで記事を外注していたものの、ライターに薬事法の知識がなく、上がってくる記事は法律に抵触する表現のオンパレードだったそうです。

 

「『痩せる』とか『脂肪燃焼」などの表現は使えないことぐらいは知っています。ただ、細かいところはお手上げです。」

とご自身も規制内容をザックリとは把握しているものの詳しい知識は持っておられず、困っておられました。

アフィリエイターが記事を作成する際の法律レファレンスを作成できないかとのご依頼をいただきました。

 

 

 

 

ヘルスケア法律には「多用されているが実はNG」な表現が多いです。使用すれば一発アウト、クレームの電話が鳴りやまず、事業の存続もままならなくなるかもしれません。

逆に「ほとんど使われていないが実はOK」な表現もあります。それを用いることで、他社に圧倒的な差をつけることが可能です。

 

Life-lighterでは”ホワイトなのに強い訴求”をモットーに薬機チェックや薬機ライティング、薬機コンサルなどを承っています。

 

メールボックスが問い合わせのメッセージであふれる、御社をそんな状況に導くことができます。

 

 

  • 「扱ってほしいテーマがある!」
  • 「この表現はセーフか知りたい!」

 

などでも結構です。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

    ・お問い合わせの段階では成約となりません。


     

     

     

    タイトルとURLをコピーしました