広告規制ガイドライン

健康増進法

保護中: 「広告の責任は広告主に」は通用しない!?健康増進法の媒体責任とは

改正健康増進法の施行に伴い発出された「広告規制ガイドライン」のなかでもメディアへの影響が大きいのが「媒体責任」です。媒体責任とは広告の責任が掲載媒体にも及ぶことを定めたルールです。ただ、現時点では健康増進法の適用があり得るのは「予見可能性」があった場合のみとされています。つまり広告主が虚偽広告を提出し、メディアがそれと知らずに掲載した場合は、メディアが責任を負ことは現段階ではありません。。
健康増進法

保護中: 意外と知らない!広告規制ガイドラインの「あっせんルール」とは

「あっせんルール」とは書籍等を通じたあっせん行為を規制するルールです。書籍等が「(1)顧客の購入意欲を煽る意図が明確にある」「(2)商品名等が明らかにされている「3)一般の人が認知できる状態にある」の3要件を満たした場合に広告とみなされます。広告であることは「虚偽誇大広告の禁止(健康増進法第32条2)」の要件のひとつですので、事業者にとっては大問題なのです。
健康増進法

保護中: 実はとても重要!健康増進法広告規制ガイドラインの「付近ルール」とは

2003年、健康増進法の改正に伴い発出された「広告規制ガイドライン」では虚偽誇大広告など実務にかかわる内容が含まれていますが、なかでも注意を要するのが「付近ルール」と呼ばれる取り決めです。付近ルールとは商品やその成分を書籍やHPで解説する場合、解説の付近から商品販売ページに容易にアクセスできたり販売業者の連絡先がある場合、健康増進法
健康増進法

健康増進法の広告ガイドライン|違反しないための3つの心構え

健康増進法は以前は広告業界と関わりのない法律でした。しかし広告業界の取り締まり強化の流れから、2012年の改正法施行と共に広告規制ガイドラインが出され、規制が大幅に拡大します。健康増進法に違反すれば措置命令(事業者名公表)などの行政処分を受けることがあります。健康増進法に抵触しないためにはどうすればいいのかについて解説します。
景品表示法

景品表示法の広告規制|優良誤認表示・有利誤認表示をわかりやすく解説

景品表示法は優良誤認表示、有利誤認表示などの不当表示を規制する法律です。美容健康系で多いのは優良誤認表示で、2021年上半期だけでも5件の摘発事例があります。有利誤認表示はエステやフリマなど幅広く摘発されています。最近では2021/6/29にゲーム大手スクエアエニックスが措置命令を受けています。景品表示法に違反した場社名公表や課徴金、罰金、懲役刑になることもあります。5億5274万円の課徴金命令がでた事例もあり(2020/6/24フィリップモリス)、違反時のリスクは甚大です。
タイトルとURLをコピーしました