現在作成中です

申し訳ありません。このページは現在準備中です。間もなく公開いたしますのでしばらくお待ちください。

せっかくアクセスいただいておりますので、Life-lighterのなかでも人気のあるコンテンツをご紹介します。よろしければご覧になっていってください。

 

 

https://life-lighter.com/low/yakkiho/yakkiho-yakkiho-kaisei/

https://life-lighter.com/low/yakkiho/yakkihou-wakariyasuku

https://life-lighter.com/low/yakkiho/doctor-osusume-ha/

あわせて読みたい
実はコレもOK|化粧品広告で許される「メーキャップ効果」はどこまで 薬機法により化粧品で広告できる表現は規制されていますが、「メーキャップ効果」の標ぼうは認められています(化粧品等の適正広告ガイドライン【2020年版】。メーキャップ効果とは「色彩により、覆う、隠す、見えにくくする等の物理的効果」です。つまり「色彩効果」のほかにも「物理的効果」がうたえます。ただし色彩効果以外の物理的なメーキャップ効果は「1)客観的に事実」であり「2)化粧品の定義の範囲を逸脱しない」場合に限られます。たとえば最近よく見かける「ストレッチファンデーション」で、「引き締め素材により肌のシワを伸ばす」とした場合にシワが伸びるのが成分の効果(薬効)ではなく、物理的な効果によるものであれば表現は可能と判断できます。もっとも、事実であることが前提です。事実でなければ、景表法上の優良誤認表示にあたる可能性があり、根拠データの提出を求められることもあるので要注意です。

https://life-lighter.com/low/keihyoho/keihyoho-otyoun-hani/

https://life-lighter.com/low/kenkozosinho/kenzoho-tokuho-kinousei-eiyoukinou/

 

橋本 駿
専業薬機クリエイター
未経験・知識ゼロで2015年webライター業界に参入し2019年に開業。
                                                                      業界屈指の専門性を活かし、現在は主に法人向けにwebコンテンツ作成や法律指導などを行っている。消費者庁発出の公的文書の誤りを指摘した実績も持つ。

・景品表示法務検定アドバンス(消費者庁、公正取引協議会主催)(合格者番号APR22000 32)

・食品の適正表示推進者(東京都福祉保健局認定)
・YMAA
・KTAA
・薬事法管理者
・コスメ薬事法管理者
・美容広告管理者