景品表示法

景品表示法

景表法の【広告表現の誇張】はどこまで認められる?

広告宣伝に通常含まれる程度の誇張は「パフィング(膨化)」といって許容されます(景品表示法70頁)。しかし誇張の程度が「著しく優良・有利である示すもの」になると優良誤認表示。有利誤認表示になってしまいます。どこからが「著しく」かについては広告宣伝に通常含まれる程度の誇張を割り引いても、実際のものより優良であると誤認する場合となります。
景品表示法

法律をも動かす!|行政よりも怖い「適格消費者団体」とは?紛争事例とあわせて紹介

適格消費者団体とは内閣総理大臣から認定を受けた消費者団体です。消費者訴訟制度で規定された民間の組織で、事業主に対する法的措置をおこなう権限を与えられています。2020年12月現在、適格消費者団体に与えられているのは「差し止め請求権」「被害回復(損害賠償)」です。実際の紛争事例として「ダンシング事件(高額布団モニター)」などの布団モニター事案、ゴルフ会員の預かり金返還事案等
景品表示法

知らなきゃマズイことに…二重価格表示の内容や不当表示にならない5つのポイントを解説

二重価格表示は販売価格と比較対照価格を並べて表示する広告手法ですが、景品表示法のガイドラインでルールが設けられています。不当表示とみなされれば行政指導や刑事罰課徴金の対象になります。違反しないためのポイントは、1,セール開始時点からさかのぼる8週間)において、比較対照価格で販売されていた期間がその商品が販売されていた期間の半分を超える+②「比較対照価格で販売されていた期間が通算して2週間以上ある」  OR 「比較対照価格で販売された最後の日から2週間を経過していない」
景品表示法

「アフィリエイターが勝手に…」では済まない!景表法の規制と対策

景品表示法では、これまでアフィリエイターが法律違反をしても広告主企業に影響が及ぶことはありませんでしたが、現在は広告主は規制の対象となります。違反となった場合、アフィリエイト広告主の摘発事例をや広告主の責任、違反を減らすためにできること などを解説していきます。
景品表示法

景品表示法の広告規制|優良誤認表示・有利誤認表示をわかりやすく解説

景品表示法は優良誤認表示、有利誤認表示などの不当表示を規制する法律です。美容健康系で多いのは優良誤認表示で、2021年上半期だけでも5件の摘発事例があります。有利誤認表示はエステやフリマなど幅広く摘発されています。最近では2021/6/29にゲーム大手スクエアエニックスが措置命令を受けています。景品表示法に違反した場社名公表や課徴金、罰金、懲役刑になることもあります。5億5274万円の課徴金命令がでた事例もあり(2020/6/24フィリップモリス)、違反時のリスクは甚大です。
タイトルとURLをコピーしました