itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

薬事ライティング

 

Life-lighterのライティングはここが違う

✔コンバージョンから逆算したライティングで売上に直結!

✔入念なすり合わせで意図に沿ったコンテンツをご提供!

✔可読性への配慮で読者を飽きさせない!

 

✔コンバージョンから逆算したライティングで売上に直結!

Life-lighterでは目的から逆算してコンテンツを設計することで、求められる情報を的確に盛り込むことができ収益につながる記事コンテンツをご提供できます。

  1. 誰に向けた記事なのか(ターゲット)
  2. どんな情報が必要なのか(ニーズ)
  3. どんな行動を起こさせたいのか(目的)

カスタマージャーニーやペルソナを使い、これらを考えてコンテンツ設計をしています。コンバージョンから逆算したストラテジックなライティングで、効率的に売り上げを伸ばすことが可能です。

 

✔入念なすり合わせで意図に沿ったコンテンツをご提供!

Life-lighterでは執筆に入る前に必ずしっかりとヒアリングをおこない、クライアントさまと認識を共有するよう努めております。

もちろんターゲットや目的はキーワードから推測することも可能ですが、打ち合わせをおこない認識の齟齬を解消しておくことで、より一層クライアント様の目的に寄与するコンテンツ作りができるようになるからです。

 

✔可読性への配慮で読者を飽きさせない!

可読性を意識したコンテンツ作成」を常に心がけています。webコンテンツは基本的にタダで読めますから、ユーザーのモチベーションが高くありません。

少しでも「読みづらい」と感じたらページから離れてしまいます。そこでLife-lighterでは次の点を意識しています。

  1. ペルソナが理解できる言葉で
  2. 似た形の文字をならべない

 

1.ペルソナが理解できる言葉で

読者のリテラシーに合わせて表現を変えるということです。業界内では常識でも、一歩外へ出たら知っている人は少ないといったことはよくあります。

ですから、ペルソナが理解できる言葉でライティングすることが大切です。

×「LPで作用機序について書くときには薬機法に気を付ける必要があります」

〇「ランディングページで効能のメカニズムについて書くときには薬機法に気を付ける必要があります」

 

2.似た形の文字をならべない

似た形の文字を連続して使うと、わずかですが読みづらくなることがあります。

たとえば、「さ」と「を」は文字の形が似ているので、どちらかを別の文字に置き換えます。以下の2文を比べたとき、後者の方が読みやすいと思いませんか?

△美しさをそのままに(読みにくい)

美しいをそのままに(読みやすい)

短いセンテンスの場合、さほど可読性に影響はないかもしれません。しかし5000字、6000字となってくるとユーザーもだんだん疲れてきます。

疲れはじめたユーザーは、「読みづらい」と感じたらすぐにページを離脱してしまいます。負担を少しでも減らすことが、読了してもらうためには重要です。

 

「そこまでする…?」と思われるかもしれません。

けれども「できることは全部して、少しでもいただいた報酬以上の「価値提供をしたい」というのがLife-lighterのポリシーなのです。

 

料金

・文字3円~/記事2万円~

タイトルとURLをコピーしました