健康増進法

健康増進法

特定保健用食品とは?特保の種類やいえる範囲、義務表示や罰則についても解説

特定保健用食品とは生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品です。「個別許可型」や「条件付き」「規格型」など種類があり、うたえる効果が異なります。特定保健用食品の表示には細かなルールがあり、違反すれば特保の許可取り消しや販売停止はもちろん、刑事罰の対象にもなります。悪質な場合、三億円の罰金刑(法人の場合)に処されることもあるので注意が必要です。
健康増進法

保護中: 「広告の責任は広告主に」は通用しない!?健康増進法の媒体責任とは

改正健康増進法の施行に伴い発出された「広告規制ガイドライン」のなかでもメディアへの影響が大きいのが「媒体責任」です。媒体責任とは広告の責任が掲載媒体にも及ぶことを定めたルールです。ただ、現時点では健康増進法の適用があり得るのは「予見可能性」があった場合のみとされています。つまり広告主が虚偽広告を提出し、メディアがそれと知らずに掲載した場合は、メディアが責任を負ことは現段階ではありません。。
健康増進法

保護中: 意外と知らない!広告規制ガイドラインの「あっせんルール」とは

「あっせんルール」とは書籍等を通じたあっせん行為を規制するルールです。書籍等が「(1)顧客の購入意欲を煽る意図が明確にある」「(2)商品名等が明らかにされている「3)一般の人が認知できる状態にある」の3要件を満たした場合に広告とみなされます。広告であることは「虚偽誇大広告の禁止(健康増進法第32条2)」の要件のひとつですので、事業者にとっては大問題なのです。
健康増進法

保護中: 機能性表示食品で認められる表示は?いえること、いえないことを解説

機能性表示食品とは事業者の責任において機能性を表示できる食品です。「1.容易に測定可能な体調の指標の維持に適する又は改善に役立つ旨」「2.身体の生理機能、組織機能の良好な維持に適する又は改善に役立つ旨」「3. 身体の状態を本人が自覚でき、一時的な体調の変化(継続的、慢性的でないもの)の改善に役立つ旨」をうたうことができます。届け出資料の範囲内が原則ですが、キャッチコピー内容の一部省略・いいかえ・省略・簡略化・追加説明は認められます。
健康増進法

健康増進法の広告ガイドライン|違反しないための3つの心構え

健康増進法は以前は広告業界と関わりのない法律でした。しかし広告業界の取り締まり強化の流れから、2012年の改正法施行と共に広告規制ガイドラインが出され、規制が大幅に拡大します。健康増進法に違反すれば措置命令(事業者名公表)などの行政処分を受けることがあります。健康増進法に抵触しないためにはどうすればいいのかについて解説します。
健康増進法

特定保健用食品と機能性表示食品、栄養機能食品の違い|認められる表現や条件を解説

特定保健用食品と機能性表示食品、栄養機能食品は食品でありながら機能性の表示が可能です。特定保健用食品は「個別許可型」機能性表示食品は「届け出型」栄養機能食品は「規格基準型」で、薬機法ではNGとなるような表現でもOKとなるものがあります。実務上の注意点としては、「1.特保でも医薬品的な効果効能はうたえないこと」「2.機能性表示食品でも病名の訴求はできないこと」「3.栄養機能食品は注意喚起表示など細かなルールがあることです。
タイトルとURLをコピーしました