景品表示法

景品表示法

保護中: 「半額セール」と表示したいが対象外もある…→どうすればいい?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
景品表示法

東京地裁、だいにち堂の措置命令取消請求訴訟を棄却

だいにち堂が消費者庁を相手取り、景品表示法処分の取り消しを求めた訴訟は、3月3日、東京地裁がだいにち堂の請求を棄却する形で決着がつきました。 だいにち堂は2017年、販売するサプリメントの広告が、景表法の優良誤認にあたるとして...
景品表示法

株式会社ECホールディングスに対する景品表示法に基づく課徴金納付命令について

2021年01月28日消費者庁は、株式会社ECホールディングスに対し、同社が供給する「ブラックサプリEX」と称する食品に係る表示について、景品表示法第8条第1項の規定に基づき、1972万円の課徴金納付命令を発出しました。 違反行為...
薬機法

保護中: 「ウソをつかない限り優良誤認にならない?」→NO!基準を解説

景品表示法はその第5条で「優良誤認表示の禁止」を規定しています。優良誤認表示の禁止は「事実に相違して実際のものよりも優良であるように表示」することを禁ずるものです。ただし、必ずしも"事実を述べている限り優良誤認表示にはあたらない"というわけではありません。なぜならそもそも優良誤認表示の禁止とは(1)実際のものよりも著しく優良であると示すもの(2)事実に相違して競争関係にある事業者に係るものよりも著しく優良であると示すものであって、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められる表示
景品表示法

保護中: 知らなきゃマズイことに…二重価格表示の内容や不当表示にならない5つのポイントを解説

二重価格表示は販売価格と比較対照価格を並べて表示する広告手法ですが、景品表示法のガイドラインでルールが設けられています。不当表示とみなされれば行政指導や刑事罰課徴金の対象になります。違反しないためのポイントは、1,セール開始時点からさかのぼる8週間)において、比較対照価格で販売されていた期間がその商品が販売されていた期間の半分を超える+②「比較対照価格で販売されていた期間が通算して2週間以上ある」  OR 「比較対照価格で販売された最後の日から2週間を経過していない」
景品表示法

「アフィリエイターが勝手に…」では済まない!景表法の規制と対策

景品表示法では、これまでアフィリエイターが法律違反をしても広告主企業に影響が及ぶことはありませんでしたが、現在は広告主は規制の対象となります。違反となった場合、アフィリエイト広告主の摘発事例をや広告主の責任、違反を減らすためにできること などを解説していきます。
景品表示法

景品表示法の広告規制|罰則や課徴金を減免されるためのポイントも解説

景品表示法には優良誤認、有利誤認、不実証広告規制などの広告規制があります。違反した場合行政処分(措置命令や課徴金納付命令)や刑事処分()などが課されることがあります。ただし第三者保護の取り決めから課徴金の減免規定があり、次の条件を満たせば課徴金を免れます(景表法8条1項ただし書)。(1)違反事業者が課徴金対象行為をした期間を通じて課徴金対象行為に係る表示が不当表示に該当することを知らず、かつ、(2)知らないことにつき「相当の注意」を怠った者でないと認められる場合には、課徴金は課されません。
タイトルとURLをコピーしました