強い

薬機法

化粧品や医薬部外品で「強い効果」「強力な効き目」はNG!その理由とは

薬機法では化粧品や医薬部外品の効能効果についての「強力」「強い」といった表現を禁止しています。また「パワフル」「強靭」「非常に」など効能について保証するような表現は原則不可となっています。注意しなければならないのが、化粧品で標ぼうできる効果の範囲内であっても強調表示は認められないことです。たとえば「肌汚れまで根こそぎオフ」は化粧品効能「17(汚れをおとすことにより)皮膚を清浄にする。」が該当うぃます。しかし「根こそぎ」が強調表現にあたりアウトとなるのです。
タイトルとURLをコピーしました