itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

健康食品で副作用の標ぼうはNG

薬機法
この記事は約3分で読めます。
0

健康食品の広告で「 副作用はありませんので、安心してお召し上がりください。」など副作用について標ぼうしているケースがあります。しかし実は健康食品では副作用について言及することは原則禁止となっています。

健康食品で副作用の標ぼうは原則不可

健康食品で副作用の標ぼうは基本的に認められません。
化粧品や健康食品広告の適正なあり方などの指針を示した
「医薬品等適正広告基準の解説及び留意事項等について」では以下の通りに規定しています。

 

(8)副作用等の表現について

「「副作用が少ない」、「比較的安心して・・・」、「刺激が少ない」等の表現は安全性について誤認させるおそれがあるため、使用しないこと。」

(引用元:医薬品等適正広告基準の解説及び留意事項等について)

副作用は本作用があるから現れるものです。健康食品には本作用がそもそもないため副作用の標ぼうもNGとなります。

 

また国民の健康保護の観点から食品評価などをおこなっている食品安全委員会では副作用を「医薬品が原因である可能性が否定できない被害」と定義しています。定義上も医薬品でない健康食品が副作用を生じさせることはないわけです。

 

いずれにせよ副作用があるとするのも副作用がないとするのも認められません

【NG】

  • 「副作用はありませんので、安心してお召し上.がりください。」
  • 「ごくまれに頭痛やめまいなどの副作用が現れることがあります。」

 

「眠くなりにくい」は例外的に認められるケースも

ただし「医薬品等適正広告基準の解説及び留意事項等について」では次のように続きます。

 

「ただし、低刺激性等が立証されており安全性を強調しない場合及び「くなりにくい」と表現することは、その製剤として科学的根拠があり安全性の保証につながらない場合に限り認められるが、本基準第4の9「他社の製品の誹謗広告の制限」に抵触しないように注意すること。」

            (引用元:医薬品等適正広告基準の解説及び留意事項等について)

 

つまり以下に当てはまる場合、「眠くなりにくい」と表現することは認められます。

  1. 低刺激性等が立証されており安全性を強調しない場合
  2. 科学的根拠があり安全性の保証につながらない場合

 

好転反応も不可

同じく、好転反応の標ぼうも認められません。好転反応とは治療の過程で一時的に起こる身体反応をいいます。

たとえば以下のような表現は不可です。

【NG】

  • 「一時的に倦怠感が現れることがあります。」
  • 「摂取後痛みが生じることがありますが、それは正常な反応です。」

 

正しい知識でホワイトな訴求を!

時間・コスト・質のトライアングル

Life-lighterでは”ホワイトなのに強い訴求”をモットーに薬機チェックや薬機ライティング、薬機コンサルなどを承っています。

  • さらに詳しく知りたい!
  • 扱ってほしいテーマがある!
  • この表現はセーフか知りたい!

などでも結構ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 


0

コメント

タイトルとURLをコピーしました