打消し表示

景品表示法

保護中: 「半額セール」と表示したいが対象外もある…→どうすればいい?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
景品表示法

【最新版】打消し表示の規制|摘発されないたった2つのポイントも紹介

商品やサービスの内容に例外がある場合、その旨の注釈、いわゆる打消し表示をしなければなりません。打消し表示を分かりやすく適切におこなわなければ、 不当表示として景品表示法上問題となるおそれがあります。しかし打消し表示のルールは何度も改正されて...
景品表示法

「効果には個人差があります」をつければ法規制を免れる?

法律上認められない表現を「口コミ」「購入者の声」などとして掲示し、傍に「効果には個人差があります」「あくまでも個人の主観です。効果を保証するものではありません。」といった但し書き(打消し表示)を付しているケースをよく見かけます。打消し表示を...
薬機法

口コミも法規制の対象となる?法律上問題となる3つのパターンを解説

購入者の口コミやレビュー強力な武器となります。しかし内容によっては法律に抵触するケースがありますから注意が必要です。たとえば「ニキビが治りました」「1日に○錠服用するだけなので面倒くさがりの私でも続けられました」などは医薬品的な効果効能を果効能にあたり、薬機法上問題となります。また「私史上最高の商品」「もう手放せません」などの表現は効果の保証・誇大広告にあたり、薬機法や景品表示法に抵触するおそれがあります。
タイトルとURLをコピーしました