優良誤認表示

景品表示法

「空気清浄に根拠なし」株式会社Nature Linkに措置命令

2020年1月15日、消費者庁は株式会社Nature Linkに対して同社が提供する、「AirRevo CARD/エアレボカード」、「AirRevo CERAMIC PLATE/エアレボセラミックプレート」に係る表示について景品表示法違反(...
景品表示法

景表法の【広告表現の誇張】はどこまで認められる?

広告宣伝に通常含まれる程度の誇張は「パフィング(膨化)」といって許容されます(景品表示法70頁)。しかし誇張の程度が「著しく優良・有利である示すもの」になると優良誤認表示。有利誤認表示になってしまいます。どこからが「著しく」かについては広告宣伝に通常含まれる程度の誇張を割り引いても、実際のものより優良であると誤認する場合となります。
景品表示法

景品表示法の広告規制|優良誤認表示・有利誤認表示をわかりやすく解説

景品表示法は優良誤認表示、有利誤認表示などの不当表示を規制する法律です。美容健康系で多いのは優良誤認表示で、2021年上半期だけでも5件の摘発事例があります。有利誤認表示はエステやフリマなど幅広く摘発されています。最近では2021/6/29にゲーム大手スクエアエニックスが措置命令を受けています。景品表示法に違反した場社名公表や課徴金、罰金、懲役刑になることもあります。5億5274万円の課徴金命令がでた事例もあり(2020/6/24フィリップモリス)、違反時のリスクは甚大です。
タイトルとURLをコピーしました