優良誤認表示

景品表示法

「空気清浄に根拠なし」株式会社Nature Linkに措置命令

2020年1月15日、消費者庁は株式会社Nature Linkに対して同社が提供する、「AirRevo CARD/エアレボカード」、「AirRevo CERAMIC PLATE/エアレボセラミックプレート」に係る表示について景品表示法違反(...
景品表示法

景表法の【広告表現の誇張】はどこまで認められる?

広告宣伝に通常含まれる程度の誇張は「パフィング(膨化)」といって許容されます(景品表示法70頁)。しかし誇張の程度が「著しく優良・有利である示すもの」になると優良誤認表示。有利誤認表示になってしまいます。どこからが「著しく」かについては広告宣伝に通常含まれる程度の誇張を割り引いても、実際のものより優良であると誤認する場合となります。
景品表示法

景品表示法の広告規制|罰則や課徴金を減免されるためのポイントも解説

景品表示法には優良誤認、有利誤認、不実証広告規制などの広告規制があります。違反した場合行政処分(措置命令や課徴金納付命令)や刑事処分()などが課されることがあります。ただし第三者保護の取り決めから課徴金の減免規定があり、次の条件を満たせば課徴金を免れます(景表法8条1項ただし書)。(1)違反事業者が課徴金対象行為をした期間を通じて課徴金対象行為に係る表示が不当表示に該当することを知らず、かつ、(2)知らないことにつき「相当の注意」を怠った者でないと認められる場合には、課徴金は課されません。
タイトルとURLをコピーしました