副作用

薬機法

化粧品や医薬部外品で「刺激が少ない」はどこまでいえる?

医薬品等適正広告基準では「刺激が少ない」を安全性を保証する表現として例示しており、「低刺激」は薬機法上認められません。ただし、1)低刺激であることが科学的に立証されている、2)安全性を強調も保証もしていないの2点を満たした場合は可能です。強調にあたるのとみなされるのは1)キャッチフレーズに使う、2)目立つところに表示、3メインに訴求です。つまり「刺激が少ないので小さなお子様にもご利用いただけます。」「刺激が少ないので安全」「本品は添加物の○○を含んでいません」は可能です。
薬機法

健康食品で副作用の標ぼうはNG

健康食品の広告で「 副作用はありませんので、安心してお召し上がりください。」など副作用について標ぼうしているケースがあります。しかし実は健康食品では副作用について言及することは原則禁止となっています。 健康食品で副作用の標ぼうは原則不可 ...
育毛剤

ミノキシジルの効果とは?発毛メカニズムや効果アップのコツを紹介

ミノキシジルの効果や発毛メカニズム、効果を高めるコツを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました