アンチエイジング

薬機法

化粧品に「エイジングケア」の表現は使える?

化粧品広告で認められる「エイジングケア」表現は「1年齢に応じたエイジングケア表現」「2化粧品等に認められた効能効果の範囲内のエイジングケア表現」の範囲内です。ただ、メーキャップ効果であれば事実の範囲内でエイジングケア表現は可能です。一方、認められないのは若返り効果に関する表現 加齢による老化防止効果に関する表現 加齢によるシワ・たるみの防止、改善に関する表現 配合成分、作用機序の説明で老化防止を標ぼうした表現 肌質改善し、老化防止を標ぼうする表現 「エイジングケア」を個別の具体的な効能・効果、又は作用であるかの様に標ぼうした表現です。
タイトルとURLをコピーしました