itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【最新研究で判明】コラーゲンの経口摂取は美容効果アリ?ナシ?

コラーゲン メンズ美容
この記事は約7分で読めます。
0

「コラーゲンは、食べても飲んでも美容効果はない」こんな話、あなたも耳にしたことがあるのではないでしょうか?もしこれが本当なら、ショックですよね。美容のためにすっぽんを食べ、コラーゲンドリンクを飲み、毎日欠かさずコラーゲンサプリを摂取したその努力のすべてが無駄だったということですから。

しかしご安心ください。近年の研究により、どうやらコラーゲンの経口摂取は美容への効果があることがわかってきたのです。

本稿では薬事法管理者の観点から、経口摂取によるコラーゲンの美容への効果やそのメカニズム、さらにはコラーゲンの働きをアップさせる、あわせてとりたい栄養素などを紹介します。

 

コラーゲンの経口摂取は美容効果はある

fコラーゲン

薬局の美容コーナーでは「肌の弾力を維持する」「みずみずしいお肌に」とコラーゲンドリンクやサプリが所狭しと陳列され、街を歩けば女性たちが美肌を求めてコラーゲン鍋に行列を作る…。美容成分として浸透しているコラーゲンですが、つい最近まで「コラーゲン鍋を食べた後肌がプルプルになるのは気のせい」「油が肌表面に浮いてきてテカっているのがキレイになったように見えるだけ」

などとコラーゲンの摂取による美容効果は錯覚で、実際には効果がないとされてきました。

ところが最新の研究でコラーゲンは経口摂取でも美肌効果があることがわかったのです。

コラーゲンを摂取してもすべてアミノ酸に分解されると考えられていた

これまで、コラーゲンの経口摂取では美容への効果は期待できず、食べても飲んでも意味がないとされていました。
その理由はコラーゲンを摂取しても分解され、アミノ酸になるだけだから、つまりコラーゲン自体には美容効果はあっても、経口摂取したコラーゲンがそのまま吸収されるわけではないと考えられていたからです。

専門家の間でも「コラーゲンの経口摂取による美容への影響はほとんどない」との見解が支持されていました。

コラーゲンの一部はコラーゲンペプチドとして吸収されることが判明した

ところが最新の研究により、どうやらコラーゲンの経口摂取も意味があるらしいことがわかってきました。
鍵となるのが「コラーゲンペプチド」です。

そもそもコラーゲンはタンパク質の一種で、タンパク質はアミノ酸分子が結合したもののの総称です。コラーゲンは構成と分子の大きさによって呼び名が「コラーゲン」「ゼラチン」「コラーゲンペプチド」と変わります。

コラーゲン

 

出典:コラーゲンナビ

口から体内に入ったコラーゲンは吸収される過程で「コラーゲン」「ゼラチン」「コラーゲンペプチド」「アミノ酸」と細かく分解されていくわけです。

コラーゲンペプチドはアミノ酸に分類されずに吸収される

前述のように、

コラーゲンを経口摂取してもアミノ酸に分解されるのみで、体内に吸収されない

というのが定説でした。

しかし近年の研究でコラーゲンはすべてがアミノ酸に分解されるのではなく、一部は「コラーゲンペプチド」になり、吸収されることが判明してきたのです。(経口摂取のコラーゲンペプチドが皮膚に届くことを確認|ファンケル化粧品)

コラーゲンペプチド体内のコラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けるので、コラーゲンペプチドによって肌がうるおい、美肌効果が期待できます。

 

また研究により、ラーゲンペプチドの状態で摂取すると、より高い美容・健康効果を得られることがわかっています。高分子のコラーゲン多くの分解工程を経る必要がありますが、低分子のコラーゲンペプチド分解工程が少なく、吸収率が良いためと考えられます。

 

コラーゲンを効率よく摂取するには?併せてとりたい栄養素と避けるべき食べ物を解説

ポイント

コラーゲンの経口摂取は美容に有効ということはお判りいただけたかと思います。ではコラーゲンを効率よく摂取するんにはどうすればいいのでしょうか。コラーゲンを豊富に含む食材や、効率よく摂取する方法を見ていきましょう。

 

コラーゲンを多く含む食べ物

私たちが普段食べているものにもコラーゲンを豊富に含む食材はいろいろあります。たとえば鶏の手羽先豚モツ軟骨や牛すじ、うなぎなどです。他にはさんまやなどの魚類もコラーゲンを多く含みます。

 

 

<100g中に含まれるコラーゲン量>

  • 豚モツ:3,080mg
  • 牛すじ:4,980mg
  • さんま:2,230mg
  • 鮭: 2,410mg
  • 手羽先:1,550mg
  • フカヒレ:9,920mg
  • うなぎ:5,530mg

参考:「コラーゲン」豊富な食べものは?栄養士が教える食事法|緑のgoo

栄養のはなし|ふたば薬局

 

 

併せてとりたい!コラーゲンの効果を上げる栄養素

OKのポーズする女

また一緒に摂取することでコラーゲンの働きを上げてくれる栄養素もあります。豊富に含む食材も紹介しているので是非コラーゲンと併せて摂取してみてください。

 

ビタミンC/ビタミンA

コラーゲン分子は何万ものアミノ酸が連なった螺旋構造をしています。この螺旋構造の維持には「水素結合」が必要です。

 

コラーゲンの末端は他の螺旋体と「アルドール結合」で結ばれ、コラーゲン繊維を構成します。水素結合には「ヒドロキシプロリン」が、「アルドール結合」にはの「ヒドロキシリジン」がそれぞれ必要です。

 

そしてヒドロキシプリンヒドロキシリジンの合成に欠かせないのが、ビタミンCなのです。ビタミンCが不足するとコラーゲンの合成が出来なくなってしまいます。

またビタミンAもコラーゲンの再構築に関わっています。

コラーゲン|厚生労働省e-ヘルスネット

 

<ビタミンCが豊富に含まれる食物>

ご存知のようにビタミンCは果物や野菜に多く含まれます。

100g中に含まれるビタミンC量

  • 赤ピーマン:170mg
  • 黄ピーマン:150mg
  • ブロッコリー:120mg
  • キウイフルーツ(黄):140mg
  • 菜の花:110mg
  • キウイフルーツ(緑):69mg
  • イチゴ:62mg
  • ネーブル:60mg
  • レモン果汁:50mg
  • キャベツ:41mg
  • ジャガイモ:35mg
  • サツマイモ:29mg

参考:第2章 日本食品標準成分表 PDF(日本語版):文部科学省  

 

<ビタミンAが豊富に含まれる食物>

ビタミンAはレバーや緑黄色野菜に多く含まれます。

食品に含まれているビタミンAの量は、「レチノール活性当量(μgRAE)」として示されます。

<100g中に含まれるビタミンA量>

 

  • 豚レバー(生):13,000μgRAE
  • 鶏レバー(生):14,000μgRAE
  • うなぎかば焼き:15,00μgRAE
  • 全卵(生):140μgRAE
  • 牛乳:38μgRAE
  • プロセスチーズ:260μgRAE
  • トマト(生):45μgRAE
  • ホウレンソウ(ゆで):450μgRAE
  • ブロッコリー(ゆで):64μgRAE

参考:第2章 日本食品標準成分表 PDF(日本語版):文部科学省

 

 

 

エラスチン

エラスチンは肌の真皮でコラーゲンの構造を支える働きをする成分です。コラーゲンと一緒にとると美肌効果がアップするといわれています。コラーゲンと同時に存在すると、線維芽細胞1個当たりのヒアルロン酸産生量が増えるとの実験結果もあります。

ただしエラスチンは身近な食品から摂取するのは困難なので、サプリメントで摂取するのがおすすめです。

 

できれば避けたい!コラーゲンの効果を下げる成分

危険2

反対に、せっかくコラーゲンを摂取していても、その効果を下げてしまう成分もあります。コラーゲンの効果を最大限に得たいなら、できるだけ避けるべきでしょう。

 

脂肪

コラーゲンを多く含む食べ物は高脂質・高カロリーのものが多いですが、脂肪が多いものをとり過ぎると善玉ホルモン「アディポネクチン」が減少して、コラーゲンやヒアルロン酸の合成を低下させてしまいます。

結果、肌が弾力を失い関節を痛める場合もあります。

 

糖分

 

エラスチン

肌を構成するのはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸ですが、この3大成分生成するのが線維芽細胞と呼ばれる細胞です。

高血糖の状態が続くとコラーゲン中のアルギニンが糖化されます。すると本来そこに結合するはずの線維芽細胞が結合できなくなり、張力が保てず肌のハリがなくなってしまうのです。

 

コラーゲンはサプリメントでの摂取が吉

サプリメントコラーゲンの推奨摂取目安量は5gとされています。コラーゲンを5g摂取するには、牛すじで100g、鳥の手羽先で335gを食べる必要があり、毎日食品からとるのは現実的ではありません。仮に食事から摂取できたとしてもそもそもコラーゲンを含む食品は、高脂質高カロリーのものが多いですから、肥満になったり内臓に負担がかかってしまいます。ですからサプリメントなどで上手に補うことが大切です

 


0

コメント

タイトルとURLをコピーしました