薄毛

薄毛ケア

薄毛・脱毛が肥満によって促進されるメカニズムが判明

東京医科歯科大学は、高脂肪食による肥満が脱毛を促進する仕組みを突き止めました。これまで肥満が薄毛や脱毛と関係していることは分かっていましたが、どのようなメカニズムで肥満が薄毛。脱毛を引き起こすのかは分かっていませんでした。しかし今回の研究で肥満によって炎症性サイトカインシグナルが幹細胞内に発生し、Shh経路が抑制された結果毛包幹細胞が表皮または脂腺への分化によって失われ、毛包のミニチュア化、毛の細径化が促進されることが判明しました。
薄毛ケア

【研究で証明】頭皮マッサージはやはり薄毛ケアに有効だった!

抜け毛が気になってきたとき、多くの人が試すのが「頭皮マッサージ」でしょう。頭皮マッサージはお金もかからず、最も手軽にできる薄毛ケアのひとつといえます。ですがその効果については懐疑的な意見もあり、実際のところ薄毛対策に効果があるのかは分かって...
薄毛ケア

【最新研究で判明】毛髪の源「IGF-1細胞」を簡単に増やす方法

成長因子「IGF-1」は毛母細胞の生産にかかわる、育毛に有用な細胞です。血行促進作用をもち、毛髪の成長期を伸ばす、毛髪のタンパク量を増やすなど髪への効果で注目されています。またIGF-1細胞は筋肉量の増加や骨の強化、肌細胞の活性化など体への効果も期待できます。これまでIGF-1細胞を増やすことはできないとされていましたが、最新の研究により増やせることが判明してきました。IGF-1細胞を増やす方法は大きく2つです。(1)カプサイシンやイソフラボンの摂取で知覚神経を刺激する(2)運動や睡眠などで成長ホルモンの分泌を促すこと
タイトルとURLをコピーしました