itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

比較広告

景品表示法

「他社の〇倍!」は景品表示法上認められる?比較広告のポイントを解説

比較広告そのものは法律上の問題はありません。しかし「比較広告に関する景品表示法上の考え方」により細かく規定されていて、ケースによっては不当表示にあたります。比較広告が適正な広告といえるためのポイントは3つです。「1.比較広告で主張する内容が客観的に実証されていること」たとえば、「X市で調査した結果、A商品よりB商品の方が優秀であった。」という比較広告をおこなう場合には、① X市において、A商品とB商品との優秀性に関する調査が行われていること② 主張するような調査結果が出ていることが必要になります。
タイトルとURLをコピーしました