二重価格表示 罰則

景品表示法

知らなきゃマズイことに…二重価格表示の内容や不当表示にならない5つのポイントを解説

二重価格表示は販売価格と比較対照価格を並べて表示する広告手法ですが、景品表示法のガイドラインでルールが設けられています。不当表示とみなされれば行政指導や刑事罰課徴金の対象になります。違反しないためのポイントは、1,セール開始時点からさかのぼる8週間)において、比較対照価格で販売されていた期間がその商品が販売されていた期間の半分を超える+②「比較対照価格で販売されていた期間が通算して2週間以上ある」  OR 「比較対照価格で販売された最後の日から2週間を経過していない」
タイトルとURLをコピーしました