不実証広告規制

景品表示法

【最新版】打消し表示の規制|摘発されないたった2つのポイントも紹介

商品やサービスの内容に例外がある場合、その旨の注釈、いわゆる打消し表示をしなければなりません。打消し表示を分かりやすく適切におこなわなければ、 不当表示として景品表示法上問題となるおそれがあります。しかし打消し表示のルールは何度も改正されて...
景品表示法

景品表示法の広告規制|優良誤認表示・有利誤認表示をわかりやすく解説

景品表示法は優良誤認表示、有利誤認表示などの不当表示を規制する法律です。美容健康系で多いのは優良誤認表示で、2021年上半期だけでも5件の摘発事例があります。有利誤認表示はエステやフリマなど幅広く摘発されています。最近では2021/6/29にゲーム大手スクエアエニックスが措置命令を受けています。景品表示法に違反した場社名公表や課徴金、罰金、懲役刑になることもあります。5億5274万円の課徴金命令がでた事例もあり(2020/6/24フィリップモリス)、違反時のリスクは甚大です。
タイトルとURLをコピーしました