itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

ビフォーアフター 化粧品

薬機法

化粧品や医薬部外品広告でビフォーアフターはどこまで認められる?

医薬品等適正広告基準が改正され、現在はビフォーアフターの掲示は可能です。ただし1.効能効果を逸脱するもの2.発現時間、効果持続時間の保証3.安全性の保証表現にあたるものは認められません。認められるのは、「効能の範囲内の表現メーキャップ効果などの物理的効果」「メーキャップ効果の説明「化粧例や仕上がり感」などです。予防効果の標ぼうは認められません。
タイトルとURLをコピーしました