YouTube広告

景品表示法

法的にセーフ?「夫医師”え?シミならアレで一瞬だよ?”」系の広告

YouTube広告や記事下広告などの「アレで一瞬だよ?」系の広告は薬機法や景品表示法上に抵触するリスクがあります。薬機法上の禁止表現を直接述べていなくても、医薬品的な効果効能を連想させる表現は不可となります。たとえば「便通改善」を「トイレに行ったらドッサリ」としても便秘解消を想起させるため、認められません。誇大表現にあたるものもNGです。「たった一週間でー20キロ」などは景品表示法違反となります。
薬機法

保護中: YouTube広告は法的にアウト?セーフ??基準や違反にならないためのポイントを解説

YouTube広告で「医薬品的な効果効能(シミが消える、ニキビが治るなど)」「2.誇大な表現(たった1週間でー10キロ!、毛がボーボーになど)」を用いると薬機法違反となるおそれがあります。ただ景品表示法上は不当表示があったとしても、ただちにアウトとは限りません。景品表示法は事業者を取り締まる法律であり、広告の主体が誰にあるかで白黒の判断が異なるからです。健康増進法はその第32条2で誇大な表現を禁止しています。違反した場合
タイトルとURLをコピーしました