トクホ

健康増進法

特定保健用食品とは?特保の種類やいえる範囲、義務表示や罰則についても解説

特定保健用食品とは生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品です。「個別許可型」や「条件付き」「規格型」など種類があり、うたえる効果が異なります。特定保健用食品の表示には細かなルールがあり、違反すれば特保の許可取り消しや販売停止はもちろん、刑事罰の対象にもなります。悪質な場合、三億円の罰金刑(法人の場合)に処されることもあるので注意が必要です。
健康増進法

特定保健用食品と機能性表示食品、栄養機能食品の違い|認められる表現や条件を解説

特定保健用食品と機能性表示食品、栄養機能食品は食品でありながら機能性の表示が可能です。特定保健用食品は「個別許可型」機能性表示食品は「届け出型」栄養機能食品は「規格基準型」で、薬機法ではNGとなるような表現でもOKとなるものがあります。実務上の注意点としては、「1.特保でも医薬品的な効果効能はうたえないこと」「2.機能性表示食品でも病名の訴求はできないこと」「3.栄養機能食品は注意喚起表示など細かなルールがあることです。
タイトルとURLをコピーしました