ニキビはつぶすと増えるってホント?|噂の真偽を追え(1)

ニキビ3

ある日突然できるニキビ。

気になってついつい潰してしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし「ニキビはつぶすと増える」という噂があります。

もしこれが本当なら、ニキビ潰しは自分でニキビを悪化させていることになってしまいますよね。実際のところニキビは潰すと増えるのでしょうか。

景品表示法務検定アドバンス(消費者庁、公正取引協議会主催)食品の適正表示推進者(東京都福祉保健局主催)などを所有する専業薬機ライターが解説します。

目次

「潰したら増えるは嘘」でも潰すのはNG

ニキビをつぶす男性結論からいうとニキビはつぶしても増えません
ただし悪化する可能性はあります。

一口にニキビといっても白・黒・赤・黄の4色があり、それぞれ原因が異なります。ニキビの種類

深刻度状態原因

軽度

白ニキビ皮脂がたまった状態。毛穴は開いていない。肌のターンオーバーがうまくいかず、角質が肥厚し、毛穴の内部に皮脂が詰まることで起こる。
黒ニキビ白ニキビの毛穴が開き、黒っぽく変化した状態。詰まった皮脂や汚れが空気に触れて酸化することで起こる。
赤ニキビ毛穴内部が赤く炎症を起こしている状態。ニキビ毛穴内部でアクネ菌が繁殖し、炎症を起こすことで起こる。

重度

黄ニキビブドウ球菌が増殖して膿んだ状態。赤ニキビが悪化することで起こる。

基本的につぶすのはNG

初期段階の「白ニキビ」なら芯をだしてつぶしても大丈夫とする意見もあります。けれども基本的につぶすのは避けた方が良いでしょう。ニキビの原因はさまざまですが、原因のひとつが毛穴のなかの雑菌です。

手にはいろいろな菌が付着していてニキビを触ることで菌が増殖し、炎症が広がり悪化したり跡に残ったりするリスクがあります。

なので基本的にキビは潰してはいけませんどうしてもつぶしたいなら皮膚科で処置をしてもらいましょう。自分でつぶすのは絶対にNGです。

誤って潰してしまったら?

頭皮 分け目AGA

ただ

  • 「気になって触っていたらうっかり潰しちゃった」
  • 「爪でひっかいて潰しちゃった」

というケースもあるかもしれません。潰してしまった場合は、鎮静効果のある化粧品やニキビ治療薬で部分パックするのがおススメです。

炎症が鎮まったら十分に保湿してあげましょう。

ニキビは正しいケアを

放置するのが一番

置時計

お伝えの通り、ニキビをつぶすのはやめましょう。

そもそも毛穴に詰まった角栓は自分でちょっと押したぐらいでは取り除くことはできません。無理に取り除こうとすれば悪化するリスクが高まります。

ニキビは放置して治すのが賢明です。

どうしてもケアしたいなら洗顔や専用クリームを

「そうはいっても気になって仕方ない」「何かしらのケアをしたい」という場合はどうすればいいのでしょうか。

清潔な状態を保つケアを

清潔なバスタオル

ニキビケアの基本は肌を清潔に保つことです。なのでまずは洗顔など皮膚を清潔な状態に保つケアをしましょう。ただし洗いすぎはNGです。

大人ニキビは思春期ニキビと違って基本的にオイリーニキビではないため洗いすぎると乾燥を招き、かえってニキビを悪化させることがあります。

専用のケア商品を使うのも手

メンズコスメ

一刻も早く治したい場合、ニキビ専用化粧水などでケアするのも良いでしょう。

ニキビケアアイテムを選ぶときに重視すべき以下の3点です。

  1. グリチルリチン酸ジカリウム」など炎症を抑える成分が入ってること
  2. ノンコメドジェニック処方」であること
  3. 医薬部外品」であること

まず重要となるのが「グリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分を配合しているものをチョイスすることです。ニキビの炎症を鎮めてくれます。

ニキビの原因になりにくい「ノンコメドジェニック処方」であることも大切です。「コメド」とは毛穴に皮脂が詰まって膨らんだ状態=「ニキビができる一歩手前やニキビの第一段階の症状」を指します。

「ノンコメドジェニック処方」の表示が許される化粧品は専門機関での試験をクリアしたもののみです。ですから、ニキビへの効果が期待できます。

そのほか医薬部外品を選ぶこともポイントになります。
医薬部外品は一般化粧品と比較してやや値は張るものの、その分効果を期待できるでしょう。

ひどい場合は皮膚科を受診するのも選択肢です。スキンケアのやり方についてはこちらの記事で詳しい解説しています。

規則正しい生活習慣を心掛ける

ストレスを減らすその他、規則正しい生活習慣を心掛けることも重要です。

たとえば糖分・油分を控え、バランス良く栄養を摂取すること。

偏った食生活はニキビを引き起こす原因となります。
ニキビ予防に有効なのは、脂質の代謝を促し、肌の調子を整えるビタミンB群やビタミンC、ミネラル群です。これらを積極的にとりながら、バランスのよい食生活を心掛けましょう。

「睡眠不足はお肌の大敵」といわれるように、十分な睡眠をとることも重要です。睡眠不足になると免疫力が低下して新陳代謝が遅れてしまい、肌のターンオーバーが乱れます。しっかりと睡眠をとりましょう。

「急がば回れ」「急いては事をし損ずる」ニキビは潰さないこと

化粧水

ニキビができると憂鬱になりますよね。目立つ箇所にできようものなら最悪です。気になるあまり、つぶしたくなるのも無理はありません。けれども潰すのはNGです。一刻も早く治したいなら、潰したい気持ちグッとおさえて、正しいケアで対処をしましょう。

橋本 駿
専業薬機クリエイター
未経験・知識ゼロで2015年webライター業界に参入し2019年に開業。
                                                                      業界屈指の専門性を活かし、現在は主に法人向けにwebコンテンツ作成や法律指導などを行っている。消費者庁発出の公的文書の誤りを指摘した実績も持つ。

・景品表示法務検定アドバンス(消費者庁、公正取引協議会主催)(合格者番号APR22000 32)

・食品の適正表示推進者(東京都福祉保健局認定)
・YMAA
・KTAA
・薬事法管理者
・コスメ薬事法管理者
・美容広告管理者
ニキビ3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次